自宅待機を強いられるとんでもない派遣会社から転職した

私は大学卒業後、あてもなく自動的に派遣会社に入社しました。当時NNT学生を派遣社員として採用する制度をとっていた所なので、一躍業界では有名になっていましたね。ところが採用されてみると、いつまで経っても派遣先の話は来ませんでした。面接無しで自動的にあてがわれるとのことでしたが、他の人に聞いてみると面接は必須だし、自分が希望している職にはかすりもしない職の紹介が来るとのことでした。例えば事務職を希望しているのに、販売員だの在庫整理係などの紹介話を持ちだされるといった具合です。それでも、会社から話が来るのはまだいい方でした。

私には3ヶ月待ってもそうした話は来なかったし、月1の出勤日では交通費全額自己負担でしょうもないお叱りを受けるためだけに本社に行かねばなりませんでした。その時に支給されるお駄賃も交通費で全額消えますから、本当にバカな罠にハマってしまったと思いました。その時社員の一人に「いつまでもここにいられるわけじゃないのよ」と言われ、私の何かがプツッと切れました。新入社員に仕事の紹介を一切しない連中が、どの口で言ってるんだと思ったのです。私は出勤日の時に虚偽の就活の進捗を書類に書き、別の企業に受かったと言って無計画で辞職しました。それからは親戚のつてを頼って、街の運輸倉庫で正社員として事務職として働くことになりました。最初から恥を捨てて、その人に相談していればよかったです。今ではしっかりと手に職を持っていますし、仕事の内容や給与、立地なども大きな不満はないので何とかやっていけています。

NNT学生を狙うブラック企業は結構あるらしく、それも大学にまで説明会を理由に入ってきて焦りや不安を利用されたら誰だってこういうのを頼りたくなります。こんなマイナスの理由で転勤を強いられるシステムなら、最初から入社しなかった方がずっとマシだと思いました。