転職がうまくいかない理由とは?最後に転職活動を続ける計画とは

転職をするにあたって、やらなければならないことはたくさんあります。しかし、やみくもに転職活動をしてもうまくいきません。そこで、転職がうまくいかない理由をいくつか挙げます。

まず1つは、「年齢の壁」です。年齢制限がある職種や求人は多く見かけますよね。年齢が上がれば上がるほど、転職の幅が狭くなります。

つぎに「資格や経験があるゆえの、慢心」です。資格がある方が確かに有利でしょうが、それゆえに慢心もどこかにあり、転職もすんなりできるだろうと安心し、失敗するというものです。

また、それまでに勤めていた仕事が長く続かなかった・職を転々としたなど、それが転職活動の際の面接でマイナスにとられてしまうことが少なくないことです。職を辞する理由は人それぞれですが、やめ癖がついてしまうと仕事も長続きできず、よって経験も積めず、経験者優遇の求人を受けられないというものです。

1つめの年齢は仕方ないことですが、2つめと3つめの理由は自分自身の心持と根性の問題が少なからずありますね。

大手・零細に関わらず、まずは自分に向いている・続けられそうな仕事をはっきりと自覚し、それから転職活動を始めても遅くないと思います。そして、自分の得意なことをここぞとアピールし、これだけは誰にも負けないというものがあれば、必ず役に立てる仕事があるはずです。しっかり計画立案をし諦めずに、負けずに転職した先のことを思い浮かべることができたら、その転職は間違っていないはずです。

■年齢の壁について
どうしても20代より30代のほうが転職は厳しいし、30代よりもさらに40代は厳しいです。なぜなら日本の社会構造がそのようになってるからです。中年になるほど好きな仕事が出来なくなってきます。もし40代で会社を変えたいと思ったらリスクも伴います。失敗しないために下記サイトを参考にしてください。

何度もお伝えしているように計画をたてる事です。その計画が無理そうなら転職を諦めることです。